車査定の詐欺まがいの業者には要注意

中古車業者に売却する際、査定を依頼することになります。この際に注意が必要なのが詐欺まがいの業者がいることです。しかもこれは地域にいる業者のみならず、大手の中古車専門店でも行っている可能性があるため、より注意が必要です。

彼らは独自に中古車査定のガイドブックのようなものを持っており、ネットでは比較的高額な金額を提示しながら、いざ査定をしてもらうと状態が良いにも関わらずそのガイドブックのようなものを持ち出してその金額以上は難しいと訳の分からない論理を振りかざしてきます。

ではネットでの表示された金額はなんだったのかと言う話になりますが、彼らがそれに納得できる説明をすることはありません。その訳の分からない論理で売却金額を示して、その価格でしか買わないと押してくることは日常茶飯事です。

売却する側はネットで示された金額でしか、それもそれよりも高い金額を提示して、業者側と交渉する姿勢で臨むことが重要です。業者の論理に振り回されて安く売るようなことは避けたいものです。

彼らには説明する能力自体がないのか、自分たちつまり業者にいいようにしか買取をしないので、できれば中古車専門店は避けて大手ディーラーの中古車販売店などで売却することを考える方が結果的には高く売れることが多くなります。

また、説明をあえてしてこない書類に署名捺印を求めてくることもあります。自動車税の還付先は本来であれば納税者ですがそれを変更する指名債権譲渡と呼ばれる書類です。原則としては、よく分からないものについては説明を求め、納得できないものには署名捺印をしない姿勢が重要です。