ローンが残っていて売れる?

今所持している車のローンが残っている段階で、新しく車を購入するために車売る行為は、基本的に難しいといえます。支払い中の車はローン契約をしている会社の所有物となりますので、その会社の許可なく勝手に車を売ることはできません。

つまり、ローンの支払いが済むまで、車を売るのは我慢しなければならない訳ですが、しかし、車売る際に得たお金で返済を行えば、この悩みは解決できます。

例えば、現在所持している車の債務残高が50万円であった場合に、車売る際の査定が80万円であったなら、売却額の80万円から債務残高の50万円を一括返済できるので、これを利用すれば即完済できローン会社の所有権は解除されます。所有権に関する手続きは車買取業者で行ってくれることが多くありますが、手数料などがかかる場合がありますので、その点については注意しましょう。

この方法とは別に、車のディーラーが扱う「残価設定ローン」を利用して、債務残高があっても今の車を引き取ってもらい、新しい車に換えることができます。

残価設定ローンの仕組みは、まず今購入する車の数年後の買い取り価格を残価として設定しておきます。残価を差し引いた車の代金支払いを、残価が保証された数年後までの間に分割払いで済ませ、残価が保証された年になったらその残価を利用して、新車の購入、ディーラーに車を返却、もしくは残価を払ってその車を買い上げるという方法が選べます。

残価を利用して返却をすれば、ディーラーに車を買い取ってもらうのと同じ意味になりますので、ローンが残っていても売ることが可能になります。

残価を利用してディーラーの車を新しく購入するばかりか、他のディーラーの車購入にも活用できる、柔軟性の高い便利な仕組みとなっています。"

車下取り査定.com
車の下取りで高額査定を出す7つのポイントを解説!