中古車査定額がアップするかどうかは修復歴がポイント

中古車買取りでは買取に出された自動車をまず査定し、その中古車にどれくらいの価値があるのかということをチェックすることになっています。

このチェック次第では非常に高額で自動車を買い取ってもらえるということもありますし、場合によっては残念ながらほとんどお金にならないということもあり得るでしょう。

では中古車買取りの査定のポイントはどこにあるのかというと、特に注意したいのが「修復歴」についてです。
中古車買取りで買い取られていった自動車の多くは次の消費者のために整備されてから転売されるということになります。

「多くの人がほしがる」という自動車ほど高く買い取ってもらえるということは当然ですから、より魅力のある自動車、価値の損耗の少ない自動車ほど高値がつくようになっているのです。

自動車の修復歴というものは、この「価値の損耗」という部分に多大な影響を与えます。
修復歴とはそもそも、自動車のフレーム部分に重大な損傷が発生し、それを修理したり交換したりしたというような自動車に対してつけられるようなものです。

そして昨今の自動車は非常に強固に作られていますから、そうしたフレーム部位に対して損傷が出るということは通常であればありません。
修復歴があるということは非常に大きな事故を起こしたということですから、性能面においても本来の性能が発揮できていないことが予測されますし、また買い手としても「縁起が悪い」というイメージを持ちやすいのです。

修復歴が着いてしまったとしても、修復歴が着いてから長く乗り続けることによって「性能の低下は発生していない」という形でアピールすることもできますが、修復歴が無い自動車よりも高くなるということはまずありません。
いつか中古車買取りにだすかもしれない自動車なのであれば、普段から交通安全に注意して自動車の価値を下げないようにしていきましょう。

車コーティングなら専門のユナイトへ。格安で提供できるキャンペーン中。
ガラスコーテイング(横浜)